酔っ払ったっていいじゃない! ARDBEG KELPEE
FC2ブログ

ARDBEG KELPEE

今晩紹介するのは、ARDBEG KELPEEです。

毎年恒例のARDBEG DAYに合わせて販売される限定商品です。
毎年趣向をこらして、面白いボトルをリリースしてきますが、
半分お祭り感覚もあり、挑戦的な試行のものが出てくる感じもあります。

kelpee.jpg

今年は6/3発売開始なのですが、いつも購入しているネット通販の酒屋さんで
注文処理をしている際に、最終確認で回線混雑により繋がらず・・・
やっと処理が終わったときには完売になってしまいました><;

という訳で百貨店には残っているかもしれないと、お酒探しの旅にw

まず新宿へ、伊勢丹、高島屋、信濃屋、その他・・・ない><;
そのまま中央線で東京駅に行き、リカーズハセガワさんやデパートを探すも、やっぱり見当たらず・・・。
ダメモトで行った上野の松坂屋にて1本残っていたものをゲットできました。

さてさて、このKELPEEですが、熟成に使用した樽は「 Black Sea oak casks」
黒海沿岸、アディゲア共和国のオークで作られた樽を使用しているそうです。
樽材もですが「アディゲア共和国」ってどこ?ってレベルです。
(北コーカサスにあるロシア連邦を構成する共和国らしいです)

名前のKELPEEはアードベッグを育んだ海に対するオマージュとして、
アイラ島を囲む海に住まうと言い伝えがある伝説の海の精“ケルピー”にちなんで名づけられました。

ケルピーはRPGゲームをやってる人にはおなじみの精霊・モンスターとして登場しますし、
ウイスキー好きにとってはストラスアイラ蒸留所の仕込み水である、ブルームヒルの貯水池の伝説でも有名ですね。

以下、メーカーのテイスティングノートです。

●色:
光沢のあるゴールド
●香り:
力強いオイリーなピートの香り、ダークチョコレート、燻製魚、かすかな海草の香り、そして不思議でシャープなハーブなどの豊かな香りが絡まりあっている。そこに黒胡椒の香りが波のように押し寄せる。
●味わい:
胡椒の味わいが口の中で広がり、次第に蜂蜜のトフィー、トルココーヒー、燻製したベーコン、豊かなダークチョコレートの味わいが存在感を強めてくる。桃のような果実味、ヒッコリー・ウッド、クローブ油、そして黒オリーブのかすかな味わいが続く。
●フィニッシュ:
クローブやタール、そして豊かなトフィーの味わいの余韻が深く、深く、続く。

今年もなんとか入手できました・・・。
もうすこし入手しやすいといいのですが^^;

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SPEER

Author:SPEER
お酒と珈琲をこよなく愛する素人バーテンダー

ミニチュアボトルのコレクションをしています。
(画像はミニチュアボトルがメインです)

日本ブログ村のランキングに参加しています。
ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ