酔っ払ったっていいじゃない! 今晩の一杯 <横須賀ブラジャー ~YOKOSUKA BRAGER~> 

今晩の一杯 <横須賀ブラジャー ~YOKOSUKA BRAGER~> 

前回に続いて、ブランデーベースカクテルのご紹介。
先週雨の途中下車の旅で横須賀駅で紹介冴えれていたカクテルです。

ブランデー+ジンジャーエールでブラジャー・・・。安直な名前ですw
詳細はこちらのページでご確認ください。
http://wakamatsu-market.com/index.html

ブランデーをジンジャーエール割っただけという単純なカクテルですが、
ブランデーの穏やかさとジンジャーエールのピリッとした刺激がマッチして美味しいです。

このレシピですと、ブランデーバックやホーセズネックがほぼ同じになりますが
柑橘系が入らない分、より材料による味の違いが楽しめそうですね。

本場の横須賀では、サントリーやニッカのXOなどを使ったAカップやBカップ、
団塊の世代憧れのレミーマルタンを使ったFカップなどと差をつけて売っているお店もあるとかw

本家ではウィルキンソンのジンジャーエールを使うのが本筋のようですが
折角、自宅で試すのですから、いろいろなジンジャーエールとブランデーを試してみるのもいいかもしれませんね。

そんなわけで、本日ご用意したジンジャーエールはこんな感じです。

おなじみのウィルキンソンのジンジャーエールから、個人輸入した際についでに仕入たものまで色々取り揃えてみました。
今回はブランデーは先日使ったアルマニャック1種類のみを使用して、ジンジャーエールのみを変えて試してみました。

ginger05.jpg

左から
FEVER-TREE GINGER BEER:キナ入りトニックウォーターでおなじみのこだわりのシリーズです
北海道ジンジャーエール:n.e.oのジンジャーエールのような感じですが、少し甘めで量があります
THOMAS HENRY:これはミニチュアボトルと一緒にイギリスから取り寄せたものです
WILKINSON:最もメジャーで刺激の強いジンジャーエールです
忍ジャーエール:ネタものですねw でも日本酒の酒造メーカーが仕込み水を使ってつくってるなかなかのもの

左日本はちょっと甘すぎで、ブランデーと合わせたときのパンチに欠けます。
この中ではオリジナルレシピのWILKINSONが一番良かったかも。

横須賀ではスニフターを厚手にしたような専用のグラスで提供されますが
どうせなら胸つながりで、シャンパン・クーペで出してみるのも良いんじゃないかしら。

(シャンパンクーペはマリー・アントワネットの胸をかたどったと言われています。わりと小さかったのね^^;)

いや~、流石にこれだけ全部飲むとお腹がチャップンチャップンになってしまうので、半分の量で作りましたよw
ロングドリンクでも5杯も飲むと酔っ払いますな~

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

SPEER

Author:SPEER
お酒と珈琲をこよなく愛する素人バーテンダー

ミニチュアボトルのコレクションをしています。
(画像はミニチュアボトルがメインです)

日本ブログ村のランキングに参加しています。
ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ