酔っ払ったっていいじゃない!

KAVALANポットスチル型ミニチュアボトル

今回紹介するのは台湾のシングルモルト「KAVALAN」のミニチュアボトルです。

今年のBarShowでもブース出展してましたが、ヴァーチャーでの試飲が多かったなぁ・・・
仕事の関係上、台湾とは深いつながりがあるので、お土産で蹴ってきてもらったりしてます。

kavalan_01.jpg

kavalan_02.jpg

kavalan_03.jpg

① ブランディオーク alc.54% 
② フィノシェリーオークalc.54%
③ シェリーオークalc.54%、 
④ ワインオークalc.54%
⑤ exバーボンオークalc.54%
⑥ ピーティオークalc.50% 

①、⑥につきましては、未だリリースされていない商品です。

蒸溜所が世界中から手に入れた希少価値のある特上のカスク(様々な酒類の熟成樽)を自身のクーパレッジで組み直し、素晴らしい酒質のスピリッツで熟成させたアソートメントギフトセットです。
ボトルはカバラン蒸溜所で使用しているランタン型ポットスチルを模しています。

蒸留所のショップや新光三越などで売っているのは知っているのですが、なかなか買う機会がなく><;
AMAZONなどでも変えますが、倍くらいの価格になってるのでちょっと躊躇しておりました。

今回は割安で入手できましたが、できれば蒸留所に行ってチューブボトルなんかも飼いたいなぁ~

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

International Bar Show 2017に行ってきた その3

さて、Bar Show 2017での新紹介も今回でラストです。

流石に最近は週末しか飲んでいなかったので、少量ずつですがこれだけ飲むと結構酔っ払いますね。
とはいえ、一昨年までは真っ青になるまで飲んでましたが、去年から少しセーブしてますので
帰宅早々ベッドに直行ということはありませんが^^;

barshow2017_05.jpg

まずは有料試飲(ヴァーチャー3枚)のハイランドパークの25年。
言わずと知れた北の巨人、オールラウンダーでしっかりとしたボディーや芳香のバランスがすごいですね。
お隣のDarkOriginは無料試飲です。正直飲む順番を間違いました><;

barshow2017_36.jpg

お次はベンチャーウイスキーのブースで試飲。
秩父ピーティッド2016などを試飲してきました。
相変わらず人気があり、記念ボトルも早い段階で整理券がなくなてましたね。

barshow2017_24.jpg

コチラはウイスキーではなくコニャックです。
とはいえ、レ島で造られこのイル・ド・レは塩のニュアンスが強く、コニャック特有の甘さがなく
ブランデーというよりウイスキーっぽい感じが出てますね。
モルト好きにはアイラモルトのニュアンスも出ていて受け入れやすいと思います。

そしてコニャックつながりで、コアントローのノアールをストレートで頂きました。
コチラはコニャックを20%以上使ったリキュールです。

barshow2017_23.jpg

あとは、シードルやフォアローゼスのプラチナ、コーバルのジン、LEJAYのカクテルなどを頂きました。

また、今年も日本バリスタ教会のブースでエスプレッソの提供がありましたので
気分のリフレッシュに2,3杯頂きました^^

今年も楽しい一日を過ごせました。来年も参加したいですね^^

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

International Bar Show 2017に行ってきた その2

昨日に続いてBar Showでの試飲したものなどをご紹介。

まず、ヴァーチャーチケット2枚で頂いたのがコチラのシェリーと生ハムのセットです。
barshow2017_18.jpg barshow2017_17.jpg barshow2017_16.jpg barshow2017_02.jpg

ベネンシアドールとは、スペイン・アンダルシア州特産の白ワインであるシェリー酒を独特の長い柄杓「ベネンシア」を使ってグラスに注ぐ人のことです。公式称号で試験もあります。
シェリー樽からベネンシアを使って注いでくれます。相棒の右京さんの紅茶より全然高い位置から見事に注いでくれます。
生ハムとも組み合わせもナイスでした^^

そして、今回のBar Showの中でも目立っていたのが「ジン」です。
現在ブームが来ているので、メインステージでもマスタークラスでも紹介されてましたね。

barshow2017_22.jpg

国内唯一のジン専用蒸留所、京都蒸留所の「季の美」です。
昨年秋に発売されてから、かなりの注目商品で独特の和のフレーバーが特徴です。
ブースでは舞妓さんの写真撮影などかなり気合の入ったプレゼンをしてました。

barshow2017_34.jpg

コチラはドイツのジークフリート・ラインラント・ドライジンです。
ドイツの蒸留酒といえばコルンを思い出しますが、このジンは世界でもいろいろな賞を受賞しています。
18種のボタニカルが使われていますが、キーとなる「菩提樹の花」だけは最後に追加されます。

barshow2017_11.jpg barshow2017_10.jpg barshow2017_09.jpg

もちろん、日本の2大ウイスキーメーカーも人を作っています。
守銭奴サントリーさんはビームサントリー社との共同開発商品の「ROKU(ロク)」を出品していました。
流行りに食いつくのはさすがですねw コチラは5/9発売の新製品です。

もう一方の雄、ニッカウイスキーは宮城峡蒸留所のカフェ式蒸留器を使ったホワイトスピリッツの出品していました。
バーテンダー:マキシム・ポトファー氏のオリジナルカクテルを頂きました。結構甘めのカクテルでした^^
レシピは以下の通りです。
ニッカ・カフェジン:40ml / フレンチ・リキュール:10ml / シュガー・シロップ:15ml
レモンジュース:25ml / チャサピーク・ビターズ / ソーダ:60ml

他にもスピリッツ系はいっぱい出ておりましたが、コチラも面白かったですね。
barshow2017_35.jpg

古くから続く「麹」を使った日本独自の酒造りを背景にして生まれたホワイトスピリッツです。
原料の持ち味を生かす伝統の「麹造り」、糖化と発酵を一度の工程で行う「並行複発酵」、豊かな香味を取り出す「単式蒸留法」。この三つの技に、和の『天然ボタニカル素材』の要素を加えた、新しいニッポンのカクテルベーススピリッツです。

そして、バーテンダーサンが作ってくれるはい数限定カクテルなどをご紹介。
barshow2017_08.jpg barshow2017_06.jpg barshow2017_20.jpg

ボルスのジュネヴァを使ったカクテルです。オランダタイプジンを使ったカクテルはあまり知らなかったので
これはとても面白いカクテルでした。

barshow2017_04.jpg barshow2017_03.jpg

甘いリキュールとクリームを使ったカクテルと、同じリキュールをどライスアイス化したカクテルです。
どちらもまろやかで甘く、飲み続けた舌のリフレッシュに最適でした。
ドライアイスの方は液体窒素tか使ってパフォーマンスにしたら面白そうだけど、家庭では作れないよね^^;

さ~て、残りの試飲したお酒の紹介は次回 その3(最終回)で^^

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

International Bar Show 2017に行ってきた その1

毎年恒例のInternational Bar Show 2017に行ってきました。
本日は生憎の空模様でしたが、天気洋画言うほど激しい雨ではなかったので
東京ドームシティーまでお出かけです。

barshow2017_32.jpg

11時からオープンですが30分前についてしまったので、雨の中行列に並びます><;
やっと入場したのですが・・・・開会式が終わるまで試飲できません。

barshow2017_31.jpg 

ということで、30分間ブースを回って下調べ。
特に記念ボトルがほしいとかではないので、1時間遅く来ても良かったよねw

そして開会式も終わり、さあ試飲のスタートです^^

barshow2017_29.jpg barshow2017_25.jpg

まず最初に向かったのは、いつものことながら、お気に入りのクラフトディスティラリーズのKILCHOMANのブース。
今年はロッホゴルムは出ていませんでしたが、並んでいるものはどれも無料試飲できます。
テイスティング用ですがニューポットが出されていて、熟成前の状態と熟成後の比較もできます。
ここでは、先日購入してまだ口開けしたないSherrybuttも飲んできました。

次に訪問したのはBEEFEATERのブースでカクテルを頂きます。
barshow2017_27.jpg barshow2017_26.jpg barshow2017_19.jpg

この後も何個かカクテルを続けて頂きました。
barshow2017_15.jpg

この辺のカクテルはコンパニオンさんが配ってる大量作成物ですが、
バーテンダーさんが目の前でシェイクやミキシングしてくれる杯数限定のものも頂きました。
そのあたりは、次回紹介させていただきますね。

アメリカーノやモヒートなどを頂き、舌をリフレッシュしたので、ウイスキーの試飲を続けます。

barshow2017_28.jpg 

この春の新製品マッカランのダブルカスクやウルフバーンのシェリーカスクなどを頂きました。
マッカランは言うまでもないのですがウルフバーンも若い熟成なのにアルコールのツンツンした感じもなく
かなりのポテンシャルを感じました。
この辺のシェリー系はスムーズな飲みくちで、ニートでも結構行けてしまいます^^;
飲み過ぎ注意ですね。

そのままウイスキーつながりでデュワーズ12年のハイボールを頂きました。
コチラはおつまみとのマリアージュを試しており、色々なフレーバーのポップコーンとの組み合わせを楽します。

barshow2017_13.jpg barshow2017_14.jpg barshow2017_12.jpg

アップルパイやカスタードプリン系の甘いものからチーズカレーなどがあり、
おつまみによりハイボールの味わいや香りが変わって感じられ面白かったです。

とりあえず、今日の紹介はここまで。
また明日、続きを投稿致します。

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

長濱蒸留所 NEW MAKE 59°ミニチュアボトル

GWも半ば終了しましたが、アタイはのんびりグダグダしてますw
昨日は家族でとんかつを食べに行くも、お目当てのお店はおやすみ><;

中華屋→蕎麦屋→洋食屋とめぐるも休みや満員で、結局は駅中のとんかつ屋へ
ここでも結構待ったけど、まあ美味しく食べられました。
こう混雑してると出歩きたくなくなるよね^^;

さて、今晩紹介するのは日本一小さな蒸留所「長濱蒸留所」のNEW MAKEのミニチュアボトルです。

nagahama_newmake.jpg

このボトルは、以前紹介したクラウドファンディングの投資家特典で先日送られてきました。
今回はボイラーの増設のための出資者募集でしたが、国産ウイスキーの真面目な製造元には頑張ってもらいたいですね。

nagahama_fand2.jpg

ちなみに優待券と近江牛カレーも一緒に届きました。
カレーはちょうど3食分だったので、GW初日に家族で美味しくいただきました。
塊肉は入ってなかったけど、牛肉の旨味のよく出た美味しいカレーでしたよ~

nagahama_fand.jpg

で、このミニボトルですが、結構レアになると思います。
こういった非売品は機会があれば着実にゲットしないと、あとあと苦労しますので・・・
今回はラッキーでした^^

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
プロフィール

SPEER

Author:SPEER
お酒と珈琲をこよなく愛する素人バーテンダー

ミニチュアボトルのコレクションをしています。
(画像はミニチュアボトルがメインです)

日本ブログ村のランキングに参加しています。
ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ