酔っ払ったっていいじゃない!

今晩の一杯 <電気ブラン>

杉の花粉は収まったので、やっと活動できます^^
今年はスギ花粉は少ないのですが、檜花粉はかなりひどいみたいですね。
アタイは檜アレルギーはないので助かっておりますが^^;

そんなわけで、友人と飲みに出かけてきました。

dagashi01.jpg

dagashi05.jpg

今回訪れたのは池袋の「駄菓子バー」です。
テーブルチャージ500円で駄菓子が食べ放題という居酒屋さんです。
ただし、お水は1杯までという・・・。
正直、飲み物はそのへんの居酒屋よりちょい高めでした。
駄菓子も食べ放題とは言え、そんな食べれませんよw

dagashi03.jpg

dagashi02.jpg

ということで、飲み物も懐かしい系が揃っており
ホッピーやミルメークなどもありましたが、
アタイのチョイスは「電気ブラン」です。
浅草の神谷バーの名物ですが、瓶入りが販売されており
割りと色々なところで飲めるんですよね。

dagashi04.jpg

そして本日のメイン、ソフト麺+カレーです。
30年ぶりに食べたけど、めっちゃ懐かしい!
この腰のない麺が小学生時代を思い出させますw

他にも揚げパンなんかもありましたが、流石にお腹いっぱいなので
本日はここまで。
懐かしくって、楽しめましたよ~

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今晩の一杯 <コアントローC ~COINTREAU C~>

先日に続いて、「女子カクテル」からのご紹介。

そろそろ、花粉も収まってきたので、本格的に飲みたいのですが、
後ちょっとの辛抱ということで、今回も軽~いもので。

cointrau_c.jpg

<コアントローC ~COINTREAU C~>
コアントロー:大さじ1杯
オロナミンC:フルアップ

コアントロー:大さじ1杯をオロナミンCでフルアップという簡単極まりないカクテルですw
正直オロナミンの味が強すぎですね^^;

このオロナミンCですが、「元気ハツラツ!」のキャッチコピーで有名ですが、
2002年からは「元気ハツラツぅ?」となっていたの知ってました?
2011年からは再び「元気ハツラツ!」に戻しているのですが、やっぱりこっちの方がいいですよね^^

ビタミンB2が含まれている事から紫外線を吸収し、
可視光線としてはき出すためブラックライトに当てると光るなんてトリビアもありましたねぇw
1965年に発売されてから300億本も売れているとか。
アタイの生まれる前から売っていて、販売価格が変わってないってのもすごいですよね。
エナジードリンク系の走りと言っていいでしょう。
おじさんはレッドブルとかリゲインよりも、ついついコチラを飲んじゃいますw

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

今晩の一杯 <マッカラン・アンバー ~Macallan Amber~>

先週は井の頭公園に花見に行ってきました。
まだ五分咲きで、天候も悪くそこそこでしたねぇ~

今月から新年度になり気分も変えてがんばっていきましょう^^
花粉がまだ辛いけどねw でも、今年は軽い方ですよ。

本日紹介するのは、久しぶりにミニチュアとの親子ボトルで、コチラになります。

mac_amber.jpg

年数表示をやめたマッカランブランドから“1824シリーズ”になります。
コチラも限定販売とか。
ザ・マッカラン6ピラーズ(6つの柱)のうち“樽へのこだわり”と“天然色”にフォーカスした、シェリー樽100%の製品です。
このシリーズの中では一番お手頃なボトルになります。

色 : アンバー(琥珀色) 名前の由来でもありますねぇ
香 : シトラス、バニラ、レーズン
味 : グリーンアップル、シナモン
フィニッシュ : やわらかな果実ドライ

スコットランドのブレンダーやウイスキー関係者も、好きなシングルモルトとして名前を上げるマッカランですが、
日本では某守銭奴メーカーが正規代理店になっているため、価格の上昇が止まりません。

この4月にも値上げがありまして・・・
通常のシェリー12年は6000円オーバーになったとか・・・。
数年前は3000円弱で買えたんですよw

もちろんマッカラン自体がウイスキーブームで原酒の確保が厳しく、値上げしていますので
あながちS社さんだけが原因とは言えないのですが、
やれ円安だ、材料価格の高騰だ、樽材の高騰だと、理由をつけて毎年値上げしてますよねぇ
円安以外は影響が出るのは10年後だろうがw
相変わらず、「(顧客には)なんにも足さない、(価格は)なんにも引かない」クオリティー

今回、アンバーを購入したのは、いつも買ってるお店が
5000円以上買うとMacallan FineOak 12yoのミニチュアが3本ついてくるというキャンペーンをやっていたので
ついつい、ポチッと押してしまいました。
もちろんコチラは並行輸入品ですw

代理店変わってくれないかなぁ・・・・

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

今晩の一杯 <プレイスプレイ ~PlacePlay~>

やっぱりこの時期、花粉症のお陰で強いお酒は飲めません。
お薬との相性もありますが、アルコールの摂取自体が毛細血管を広げるので
アレルギーの症状が強くなってしまいます。
端的にいうと、より目が痒くなるw 今年の花粉は目に来るのよ><;

そんなわけで、軽めなカクテルで気分を変えましょう。

placeplay.jpg


<プレイスプレイ ~PlacePlay~>

ホワイトキュラソー:大さじ1
グレープフルーツジュース:1/3
三ツ矢サイダー:2/3
作り方:ビルド

グラスにホワイトキュラソーを入れ、残りをグレープフルーツジュース、三ツ矢サイダーで満たす

出典:女子カクテル

何年か前に紹介したレシピ本「女子カクテル」からの一杯です。
この本も続編「女子会カクテル」なんてのも販売されたので、結構好評だったんでしょうねぇ。

一般的なカクテルブックはシックな装丁で、男性的ですが、コチラはパステル基調で
文体も柔らかく写真もオシャレ系です。

先日紹介したコアントローつながりですが、大さじ一杯しか入っていないので
ほとんどお酒感はありません。
また、通常のロングカクテルのように炭酸ではなく三ツ矢サイダーでフルアップしますので
かな~り甘くなります。

正直、酔うまで飲もうと思ったら、お腹がタップンタップンになりますw

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

ミニチュアボトル コアントロー・ノアール

花粉症が相変わらずきつい・・・。
そろそろ桜の花も咲く頃、お花見を予定しているのですが、
外に出るのがちょっと厳しいなぁ。

という訳で、酒屋巡りはできておりません。
今回紹介するのは、フルボトルのおまけで配られた、コアントロー・ノアールのミニチュアボトルです。

cointreau_nor.jpg


このボトルのフルボトルは、昨年の6月に発売されました。
同時に並行品のブラッドオレンジバージョンも市場に出ましたね^^

メーカー曰く

「コアントロー ノワール」は、世界中のバーテンダーに愛されているプレミアムオレンジリキュール「コアントロー」と、フィーヌ・シャンパーニュ・コニャック「レミーマルタン」の、究極のマリアージュです。
1900年代に、コアントローの生みの親 エドゥアール・コアントローが創り上げ、その素晴らしさから“Majestic (荘厳)”と評されたオリジナルレシピを基にしています。現マスター・ディスティラーのベルナデット・ラングレは、さらにクルミとアーモンドをじっくり漬け込むことで、より洗練された複雑なアロマを完成させ、「コアントロー ノワール」と名付けました。コアントローのアイコンでもあるスクエアボトルには、リキュールそのもののアンバーカラーが美しく映えるよう、透明なガラスを使用しています。

ベルベットのような滑らかな口当たり、複雑で厚みのある風味、そして爽やかな後味を存分に楽しんでいただくには、ブラウンスピリッツのようにストレートやロックで。もちろんコアントローの特長そのままに、様々なスピリッツにあわせて幅広くカクテルにもお使いいただけます。特に柑橘系のフレーバーと相性が良く、クラシックなレシピにさらに深みを与えるだけでなく、バーテンダーのインスピレーションを刺激する素材としてもお勧めです。


ミニチュアボトルは今年2月の頭から数量限定で、ノーマルのコアントローの首掛けで出回っているようです。

とはいえ、この花粉シーズン、探しに出ることもできず。。。><;
さらに、口を開けていないコアントローのフルボトルも残っているので、
今回はオークションで入手いたしました^^

フルボトルと同じで透明なガラス製です。
これまでのコアントローのミニチュアは茶瓶、ガラスやペットでしたので
このボトルは嬉しですね。

さあ、後一月。
5月になれば、連休やBar Showなど、色々楽しみがあります。

それまで頑張るぞ~

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村
プロフィール

SPEER

Author:SPEER
お酒と珈琲をこよなく愛する素人バーテンダー

ミニチュアボトルのコレクションをしています。
(画像はミニチュアボトルがメインです)

日本ブログ村のランキングに参加しています。
ご協力お願いいたします。

にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

最新記事
最新コメント
カテゴリ
最新トラックバック
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ